小田急トラベルホーム > 国内旅行 > 小田急トラベルの鉄道ツアー

今話題の鉄道愛好家向けツアー

LSE引退記念ツアー特集NEW
LSE引退記念ツアー特集
イメージ
夏休みスペシャル企画!2日目は南田裕介さん同行! 1泊2日会員限定ツアー
『SL大樹』下り1番列車に乗る!
イメージ
小田急「大野総合車両所」&東急「長津田車両工場」見学ツアー会員限定ツアー
小田急「大野総合車両所」&東急「長津田車両工場」見学ツアー
イメージ

小田急トラベルの『鉄道コラム』

小田急トラベルでは鉄道愛好家向けツアーの企画と合わせて、ツアーのテーマとなる鉄道に関する事柄をコラムとして掲載しております。ご旅行とあわせて、ぜひお楽しみください。
 
Vol.5Vol.7

『鉄道会社の舞台裏』
-京王・小田急 車両基地編-
 
鉄道会社の舞台裏となる車両基地。車両の検査や部品の交換などは、どのようにして行われているのでしょうか。車両基地見学ツアーの添乗員リポートをお届けします。

Vol.7へ
Vol.4Vol.6

『峠越えへの挑戦』
 
山国である日本は、昔から街道の途中に数々の『峠』が存在し、旅人は黙々と急坂を登っていきました。しかし、鉄道が普及すると、その『峠越え』は大きな障壁となったのです。避けて通ることのできない急勾配にどのような方法で挑んだのでしょうか。

Vol.6へ
Vol.5Vol.5

『客車の魅力に迫る』
 
機関車が牽引する客車の歴史は、日本で初めて鉄道が開通した1872年(明治5年)まで遡ります。木造車両から銅製車両まで、これまでの客車の軌跡を辿りながら、風情溢れるさまざまな客車の魅力に迫ります。

Vol.5へ
Vol.4Vol.4

『2大半島終着駅号』
 
北海道新幹線の開業を記念して行われたキャンペーンで、津軽半島の大湊駅と下北半島の三厩駅を結ぶ『2大半島終着駅号』が運行されました。行き止まりのいわゆる“盲腸線”として知られているこの2つの路線を1日で走破できるため注目が集まりました。

Vol.4へ
Vol.3Vol.3

『絶滅危惧種485系』
 
交直両用の設備を持ち汎用性に優れた485系車両は、長らく日本各地で特急列車の主力車両として活躍していました。今では現役の車両もわずかとなり、臨時列車や団体列車が運行される際には注目が集まります。

Vol.3へ
Vol.2Vol.2

『絶滅危惧種583系』
 
鉄道車両の絶滅危惧種として幅広く知られている583系。現役の車両はいよいよ残り1編成となりました。「昼夜兼行電車」として昼も夜も人々を乗せて、日本の高度経済成長期を支え続けた583系。今回はその歴史と魅力に迫ります。

Vol.2へ
Vol.1Vol.1

『再会』
 
富士急行で371系を改造した「富士山ビュー特急」がデビューしました。以前に「特急あさぎり号」で使用されていた元JR「371系」車両が、「フジサン特急」として富士急行で活躍する元小田急ロマンスカー「20000形」と思わぬところで再会を果たすことになったのです。

Vol.1へ

小田急ロマンスカーの旅

ろまんすかーで行く箱根

 ロマンスカーと宿泊がセットになったプランを、幅広いニーズにお応えできるよう豊富なラインナップでご用意。お探しのプランがきっと見つかります。
 

GSE(70000形)
2018年3月17日(土)に新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)がデビュー。小田急の展望席付きの特急車両としては13年ぶりの登場となります。
愛称の『GSE』は開発コンセプトとなった「箱根につづく時間(とき)を、優雅に走るロマンスカー」をもとに、優雅を表す「Graceful」を用いた「Graceful Super Express」を略したものです。

ダイナミックな景色を堪能できる展望席をはじめ、側面窓は高さ1mの連続窓を採用することで、流れ行く沿線の四季折々の風景を、存分にお楽しみいただけるよう設計されています。
その他、スーツケースなど大型荷物を収納できるスペースや車内Wi-Fiサービスの整備など、お客さまの多様なニーズにお応えする設備も導入しています。
MSE(60000形)
「Multi Super Express」の頭文字から「MSE」の愛称が付けられたこの車両は2008年3月より運行を開始し、東京メトロ千代田線へも乗り入れを行ない北千住~箱根湯本間などを結ぶほか、JR御殿場線の御殿場駅へも乗り入れを行なうなど、その名の通り多彩に活躍するマルチな車両です。

車体は「フェルメール・ブルー」と呼ばれるオランダの画家フェルメールが好んで使っていた光沢のあるブルーに、バーミリオン・オレンジの帯が入った鮮やかなデザイン。車内は、LED式照明やワインレッドのカーペットを用いるなど、落ち着きのある居住空間を演出しています。
VSE(50000形)
「VSE(Vault Super Express)(Vault(ヴォールト)(英)=ドーム型の天井、天空、空間の意)」と名付けられた、7代目の「ロマンスカー・VSE(50000形)」は、2005年3月より運転を開始。テレビCMにも度々登場し、小田急ロマンスカーの中でも人気の高い車両となっています。

VSEでは、運転士気分を味わえる展望席を設置したほか、流れゆく景色をダイナミックにお楽しみいただける連続窓やドーム型の天井を採用し、居住性や乗り心地を向上させるさまざまな技術が生かされています。シルキーホワイトカラーが印象的なこの車両は、どこを走っていても多くの方から注目を集めます。
EXEα(30000形)
「ロマンスカー・EXEα(エクセアルファ)(30000形)」は、2017年3月に就役。ロマンスカー・EXEに「プラスアルファ」の要素を加え、より快適な車両へとリニューアルしました。

ボディカラーにはシャープで明快なムーンライトシルバーとディープグレイメタリックを採用。スタイリッシュなデザインが印象的です。内装は、ベージュを基調としたシートに加え、直接・間接照明システムの組み合わせによって、いっそう明るい雰囲気となり、落ち着きと上品さを兼ね備えた車内空間を実現しました。
EXE(30000形)
「Excellent Express(素敵で優秀な特急列車)」から名付けられた、6代目の「ロマンスカー・EXE(エクセ)(30000形)」は、1996年にデビュー。ロマンスカーが観光だけにとどまることなく、ビジネスの頼もしい足としても定着していることから、いずれの目的にもふさわしい洗練されたデザイン、カラーリング、快適性を極めた居住空間が特徴です。

ロマンスカーの中で最も座席定員が多いことから、通勤や通学で多くのお客さまにご利用いただいている「ホームウェイ号」を中心に活躍しています。
LSE(7000形)
「Luxury Super Express(贅沢な特急列車)」から名付けられたLSEは、NSE(3100形)を継承するかたちで、1980年に登場。1963年に登場したNSEで大人気となった展望席を引き続き設置したほか、前面デザイン、運転室機器、制御・制動機器の改良などのほかに、折戸式自動扉を採用。

古きよき時代のロマンスカーを彷彿とさせるデザインは、シンプルながらクラシカルな趣きがあり、ご乗車のひとときを味わい深いものとしてくれます。
Facebook

小田急トラベル公式
Facebookページ

旬な「おすすめ旅情報」を随時発信中!
ツイッター

小田急トラベル公式
ツイッター

みんな、フォローしてね。
AIG保険会社

旅行傷害保険へのご加入をお薦めします。クレジットカードで簡単申し込み! AIG保険会社のサイトへジャンプします

お問い合わせは小田急旅の予約センター03-3379-6199
ページトップへ戻る

行き先を選ぶ

オンライン予約はこちら
予約記録確認や、お支払い手続き ご連絡先等の変更はこちらから!

メールマガジン

ソーシャルメディア

国内旅行も傷害保険へご加入を!

小田急旅の予約センター

箱根伊豆03-3379-6124 国内旅行03-3379-6199
海外旅行03-3379-2155

営業時間:10:00~18:00(土日祝も休まず営業/年末年始を除く)

表示形式

パソコンモバイル
ページトップへ戻る